CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    【Rental Track-1】Week
    0
      続く【日曜日】 喝采は遠のいて だけど日々を歌っている人も居る事
      ようやく【月曜日】 鳴る手もちらほら 同じ数の舌打ちも鳴るという事
      「誰のせいで」「何のため?」理由が要る日もある
      じゃあ何で泣いて心で話して理屈を超えたくなるの?
       
      「もういい」と言う気は無いでしょう?
      「痛い」や「悲しい」とこぼれる声 歌っては【火曜日】に繋いでいく
      そうしてまた日々を跨いだら 立てない場所 歩けない場所が立ち直る場所になっていた事
      登った【火曜日】 叶った事を見て 事を支える人に手を合わせた事
      【水曜日】からの話を知らない事 だけど誰と歩くだけかは分かる事
       「誰のおかげ」「僕のため」小ささ知るも知る
      「駄目」と聴いて 「捨てろ」と言われて だけど超えたくなるの
      もういいぐらい勇気を貰ったと
      期待や魂を乗せて飛んで行く 【水曜日】目掛けて飛んで行け
      そしてまた今日が暮れていく
      帰り道のあかね空と【木曜日】からも「よろしくね」一言
      どうしたって人は流れて行く
      乾いた日曜 光明の月曜、火、水、木を超えて飛んで来た
      そうしてまた時を跨いだら
      合っていた事  間違ってた事 【土曜日】になってきっと分かる事
      負けなかった事を折れなかった事を一人で出来たかを思った夜の事




       
      | 【Rental】 | 00:06 | - | - |
      【Rental Track-2】部屋とアイドル(Rental ver.)
      0
        釘を打ってそこに愛を吊るして この部屋に置き去りにしたままで魔女は旅に出る 
        握手券買って秋葉原群がる大人たち さっきまで人間みたいな顔で笑ってたくせに
        泣いて崩れて 来店 8Fに登る 
        一人きり、釘を見て愛を確かめていた 彼女の世界が片付くのを待ち焦がれていた
        懐より心を温めるために歌う ラバーソウルが流れて彼女は泣く 革命を待っててね
        釘を抜いて、彼女がホウキから降りる頃 税金のかからない歌を書こう 楽しみにしてて
        握手券売って秋葉原から去る大人たち 総選挙、衆議院より真剣に選んでいたくせに
        時が経って彼女の幕を降ろす日のこと この部屋には居られない。とだけ告げ魔女は旅に出る
        錆びついた釘を抜いた 愛は滑り落ちた 彼女の世界が片付いた 今は一人でいたい 
        吊らないように遠近感養うために歌う HUSKING-BEEの流れる部屋で革命を待ってるね




         
        | 【Rental】 | 00:05 | - | - |
        【Rental Track-3】映画と週末
        0
          今夜は二人で 夜を更かしてしまうかな
          映画を借りて お酒を買って
          眠るまで僕と居て
          弱も強も持った点がまた僕を包み
          週末を彩って揺れる
          そしてもう失くさないように車道側を歩き
          護り護られている
          明日も居てね 来年も居てね 欲張っても
          先なんて見えない でもずっと居てたい
          それを呪う事は止めよう
          「大事な人々より大事な一人」
          縛りつけるための言葉じゃなくて
          「毒も愛も歌っていこうぜ」 固く手を結び
          護り護られている
          「先週はTSUTAYAで映画を借りてね」と歌うのは
          そんな小さな事も失くすと 壊れてしまうだろうから
          裕福な人には分からないこの痛み
          それを君が知る必要もない
          毎日が終わらない でも息は続き
          護り護られている
          最終列車に飛び込んだ夜からもう二人
          どこまでももう 連れ添って行ける
          でも僕と君の上にもやがて時は経ち
          いつか一人にもなる 
          そんな事 君が知る必要もない




           
          | 【Rental】 | 00:04 | - | - |
          【Rental Track-4】Ihate(Rental ver.)
          0
            寝ても覚めても寝違えた耳は戻らない 第一集落世田谷区 
            歌が無いのがブランドです LITEの偽物ご苦労様です 凄いですね
            分かち合えない体温は高まる 今はそっとさ 死なないように見張っていて
            箱庭がさ すごく綺麗にさ 出来たから大丈夫
            胃袋破って墓を掘るように生きて舌打ちの雨が降ってくる 
            言葉が傘になって俺を守り つまんない日々を巻きとっていく
            患って下向いて何を引き裂いてゆく患って行こうぜ シルバシートに寝転んだ
            患って下向いて何を引き裂いてゆく患って行こうぜ シルバシートに寝転んだ




             
            | 【Rental】 | 00:03 | - | - |
            【Rental Track-5】Good Bye NEVADA
            0
              The night when I wrote the song filled with dark.  The song is about the one I wanna see.
              At the time sickly you fall asleep, I wish you "Please live tomorrow as well"
              After school from the window of the classroom. I saw the evening falling.
              I looked at her face. She was smiling.It seemed like sadder than she cried.
              However dark it is, I will be able to see you.
               "Good bye Nevada" See you again. I was always waiting the one.I couldn't see.
              After school from the window of the classroom. I saw the evening falling.
              I looked at her face. She was smiling.It seemed like sadder than she cried.
               "Good bye Nevada"  See you again. Someday if you does't need the crutch anymore.
              Oh, Hello Nevada. See you in the science room if I see you tomorrow again.




               
              | 【Rental】 | 00:02 | - | - |
              | 1/2PAGES | >>