CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    【街と大都市 Track-1】反吐と悪口
    0
      立派に生きていたい人が いっぱい居るこの街は
      悪口が必要だと それを浴びながらも悟る
      書けば書かれることに ただ勝てば叩かれるように
      教室が大嫌いで  千切り捨てて刺したかっただけ 
       
      毒や悪が必要だと歌詞にも反吐が出るでしょう「いつか終わる」じゃあお前が浴びるの
      それなりに反吐が出るでしょう
      獰猛な人をどう思う 電脳の人をどう思う  ライトが落ちて黙りこくった 
      吐く反吐も悪くないでしょう
       
      世界は一つなどではない ただ彼は一人か?そうではない
      「心が病んでどうも苦しい」 耳が腐ってもう落ちる
      痛いのは俺もそうです 故に倒れないため走るんです
      錯綜し心は鳴る いざ目に映る人のため
       
      もう一度教室も千切る 在校生ごと引き千切る
      刺したい人ばかりでもないが つけない嘘もあるでしょう
      「錯綜して心は鳴る」書いたはいいが何になる
      大した事は歌えはしないが 俺と誰かに灯るなら
       
      実家に帰省して寄生している彼からの悪口が届く
      俺もまた心を病み 隣人の耳を落とすだけ





       
      | 【街と大都市】 | 00:06 | - | - |
      【街と大都市 Track-2】区民
      0
        「彼が遠くに行きたそうだ」と街の噂で聞いたよ
        俺も皆も「間違えた」と「此処よりも良い場所など無いんだ」と
        軋む乗車率小田急線、遅延のアナウンス歌詞にして
        毎年行く 三万人 遠くの帰らぬ街へ行く
         
        何もない暮らしなどはない 未だに夜は怖く寝れなくて
        耐え難い鳴る耳は止むこともない 好きでもない だが常に朝は来る 
         
        つまらないような生活を歌い修繕 缶コーヒーと改札口の月曜日
        毎週毎日毎秒必死の勤労でコマ劇前に寝転んだ
         
        狂いそうな日々に腹を立て 泣きたくも折れたくも旗も立て
        M7乱れ打ちの腐れギター 弾き倒して得たものは二つだけ
         
        旅に出た人を置き去りにして陽は落ちる 今日も今日が死ぬ
        歌った歌や暮らした人や全てを東京は吸い込んでく
         
        乗車率は最強 バイトも時給最高
        大都市、下高井戸、此処最高、家ほぼ街道沿い
         
         
        集合住宅での生活も数年 睡眠障害 消滅する日曜日
        生んでく曲 膿んでく購買者に同業者 住民税浴びて寝転んだ
         
        大体明大前でサイレン聞いて 乗車率は最強
        大学生の会話が空を切り裂いた
        「一切れのパンのために人間ブッ刺した」
        遠くが少し近づいた






         
        | 【街と大都市】 | 00:05 | - | - |
        【街と大都市 Track-3】片道4,100円
        0
          「東京都まで行きます」疑ったままの歌を頼りに
          夜行バスと真っ黒のカーテン
          木造住宅の窓から差す陽は眩しく、だが暗い
          「堪え難い」とただ書いた歌を買う人もいない
          生活水準はクソ 金や職の話ではなく
          遮光カーテン濁流に引いて
           
          誰と誰のせいでこんなに苦しいか
          駄目と愚痴を書かないようにしてはいた
           
          でも例えば火薬を飲んだ夜を
          穿てば楽になった気がしていた そう言って
           
          「僕と彼はもう生きていくことが出来ないと
          その日々を撒いていく痛みとそのヒビに巻く物がないと」
          そう言って
           
          片道4100円。近くて遠い街頼りに
          夜行バスと真っ黒のカーテン
          高層ビルに新宿 先々の不安消えるでもない
          歌舞伎町の歌を書いても買う人もいない
          計画、構想もクソ見るもの聞くもの全てがクソ
          遮光カーテンを手前に引いて
           
          僕と彼はもう生きていくことが出来ないと
          その日々を撒いていく痛みとそのヒビに巻く物がないと
           
          あれから一つずつやり直して
          「ねぇ鼓膜を破って誰かを黙らせて」

          そう言って





           
          | 【街と大都市】 | 00:04 | - | - |
          【街と大都市 Track-4】街灯の街
          0
            午前四時 灯った通りを跨いで行く金曜日
            3月の日 煙った空は感触が分かんなかったな
            3月20日  塞がった通りは映像画像なんかじゃなかったな
             
            灯っていく 街はまだ灯っていく
             
            街灯が二人を導く夜も連れ去った日も
            肝臓も感情もこの通りと白む空に置いたのに
             
            高架下に歌った後に 絡まれて不味かった酒や
            帰ってこない俺を迎えに来るあなたは愛しかったな
            残像は帰す。心臓を叩いたらその火は消え灯は灯る
             
            灯っていく 街はまだ灯っていく
             
            最高も感動も無い でもきっと解答が在る
            才能も種火も無くても想うなら心臓の灯で灯せる
             
            街灯が二人を導く夜も連れ去った日も
            肝臓も感情もこの通りと白む空に置いたのに
            心臓の灯を浸透させ街はまだ宴に沸く 
            何十年後、心臓は止まり、あの日の煙の様に空に還るのに
            還るのに 還るのに





             
            | 【街と大都市】 | 00:03 | - | - |
            【街と大都市 Track-5】ブギーサウンド
            0
              「後悔だ心配だ僕たちの明日が」某途上国よりも
              そんな歌ばっかで脳髄がとろけそう。勘違いしたいか
              僕らも並んで、リスナーに「選んで」声を上げる 品質も上げる
               
              そのブギーサウンドを相場に再度
               
              その場で見たいさ この声が胸を叩いてる様を
              僕だって見たいさ この声が胸を叩いてるのなら
               
              「感動だ最高だ価値も濁り淀む」どうでもいいが
              短文の感想に眼球が腐りそう 勘違いしたくない
              彼らと並んで、「最高」と言われて書いてる意味また無いと知る
               
              そのブギーサウンドを相場に再度
               
              僕はあの日歌った歌舞伎町にまだ立っていて

              誰か迎えに来るのをまだそこでずっと待っていて





               
              | 【街と大都市】 | 00:02 | - | - |
              | 1/2PAGES | >>